サプリ以外でメラトニンの分泌を促進させる方法

脳の松果体から分泌され、睡眠を促すのがメラトニンです。体内時計がはっきりと正常に動いている人であれば、暗くなれば分泌されますが、現代社会に生きる人たちはそれが難しいケースもあります。その場合はサプリを用いることで快適な睡眠を取り戻すことも可能です。しかしなるたけサプリ以外で快適な睡眠を取り戻したいと考える人も多いでしょう。

生活リズムを正常化することによって分泌を促す

太陽を浴びることによって体内時計が一旦リセットされますので、生活リズムを正常化させるときに役立つ方法になるでしょう。リセット後は14時間後くらいからメラトニンの分泌が始まるとされています。そうすることによって、正常な睡眠を得ることに近づくでしょう。

就寝前はなるたけ明るい光を浴びないように

太陽の光を浴びることによって体内時計がリセットされることがわかっていますので、強い光を浴びることがメラトニンの正常な分泌を阻害することがわかるでしょう。よって就寝前は明るい光を浴びないようにしましょう。部屋の明るさに気を付けて寝ることが大切です。

食事のバランスも大切

トリプトファンやL-テアニンは睡眠を促すアミノ酸として知られています。クロレラなどに多く含まれていることがわかっています。このように栄養素も睡眠に影響を与えることを忘れないでください。また就寝前のカフェイン摂取は禁物です。寝る間に刺激物は取らないようにしてください。

それでも改善しないときはメラトニンサプリを

いろんな対策を講じても改善をしないケースこそに、メラトニンサプリの出番となります。睡眠導入剤の使用も視野に入れることもできますが、まずはメラトニンサプリを用いて、様子を見てみると良いでしょう。

次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP