メラトニン以外の快適な睡眠を促す物質がある

寝つきが悪くなったり、突然目が覚めるなどの睡眠障害はメラトニン不足が指摘されていますが、単純にそれだけではない可能性があります。メラトニンを含めて、他にも着目してほしい成分があり、それらを補うことによって改善される可能性もあります。

睡眠の質を高めるのがマグネシウム

寝つきや目覚めの問題は、メラトニンだけではなくマグネシウム不足も指摘されています。現代人は特にミネラル不足に陥ることが多く、また運動をしている人は汗によって流れ落ちることにより不足することが多くなっています。睡眠の質に問題を抱えているのであれば、マグネシムの摂取も検討してください。

アミノ酸不足も睡眠障害の原因

トリプトファンは不安の解消や休息の促進に期待を持つことができます。L-テアニンは適切な睡眠時間の保持、起床時の疲労感現象などの効果があるとされています。このようなアミノ酸の摂取も、快適な睡眠のためには必要になります。日本で販売されている睡眠サプリのほとんどが、アミノ酸に特化した製品になっています。必要な成分となりますので、積極的に摂取するようにしてください。

必須のメラトニン

やはり睡眠において大切な成分の存在は、メラトニンになります。睡眠を促す効果を持ちますので、必須アイテムです。なんらかの影響によって減少をしているのであれば、外から取り入れることも可能。それがメラトニンサプリです。決められた用量用法で飲むことで、快適な睡眠に期待を持てるでしょう。

バランスがとても大切

どれが一番大切になるというわけではなく、あくまでもバランスが大切です。どれも必須成分となりますので、睡眠障害に悩んでいる場合は、これらを意識して摂取し、改善を心掛けてください。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP